支援って密

お盆休みも終わり、少しなまった体が通常に戻りつつある今日此頃ですが、皆さんはいいお休みを過ごせましたでしょうか?

高校野球では、仙台育英が下関国際を破り東北勢初の優勝を飾りました。球児の必死の頑張りに目が離せない毎日でした。

本当におめでとうございます。
また、優勝を飾った仙台育英の須江監督の言葉にも胸を打たれた人も少なくなかったかと思います。

「青春ってやっぱり密なので〜」

我々が行っている業務は、やはり人と人との関わりが一番となり、ある意味「密」なのかなと思ったりします。
(青春って事は横に置いておきますね。ww)

接触や密を避けるため、Zoomや電話のやり取りも少なからずあるのですが、会って様子を見て分かることの方が多く、そこからどう支援するかに結びつくように感じます。
また、レクリエーションなどの開催も感染リスクを考え中止をしたりと、仕事場を離れた利用者さんの様子を知る機会が失われ、こちらも支援に結びつける事ができず残念な事となっています。

ちょっと前にテレビでコメンテーターが、新型コロナは人と人の繋がりを絶つ厄介な病気だと話されていました。


「対面でなくてもいい」「移動を避けたい」という考えが定着し、その結果人間が本来持つ社会的なつながりや、ひとりで過ごす空間の在り方に大きな変化をもたらしているように感じます。

ともあれ、早く収束する事を祈るばかりです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 2023年の感謝と新しく迎える年へ

  2. 暑い日々

  3. 秋のレクリエーション

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP